TOPへ戻る

ガムピーリング

あなたの歯肉見られているかも!?

人は会って0.5~30秒で印象が決まると言われています。
もちろん“歯並びがキレイ“ ”歯の色が白くてキレイ”
もとっても大事ですが、最も大事なのを知っていますか?

そう!! それが歯肉です!!

黒ずんでしまっている歯肉だけで、不健康・不潔 など悪いイメージもついてしまうと言われています・・・

そこで!!その黒ずんでしまっている歯肉をキレイにフレッシュにしてしまおうという方法が実はあるのです。
その方法は・・・ガムピーリング ~メラニン除去~

ガムピーリング~メラニン除去~ とは? 

メラニン色素の黒ずんだ歯肉をピンク色に回復させるという方法です。

術後 その結果・・・

歯肉がキレイなピンク色になり、
歯の色も白く映えるようになりました!

*当医院では、1回¥5,000+税 にて施術させて頂いています。

*当医院では、歯肉の状態をきちんと確認させて頂いておりますので、
初診時は保険診療のレントゲン写真や歯肉の検査を行い、次回からの施術となります。

ガムピーリングの参考症例




どんな方法かというと

>

•レーザー除去法
•外科的除去法 
•薬剤除去法 *オペラシティ歯科ではこちら

薬剤法とは・・・

フェノールのタンパク変性作用により、上皮組織をメラニン色素とともに除去する方法
お薬を塗るだけでキレイになってしまうのです!

術式

① 術野の消毒(歯ぐき表面全体的消毒します)

② 表面麻酔(お薬に刺激がある為、歯ぐきに表面麻酔を塗ります)

③ フェノール剤塗布(お薬を歯ぐきの黒ずんでいる部分に塗ります)

④ エタノール剤塗布(白濁した部位を中和させるため、お薬をふき取っていきます)

⑤ 水洗・乾燥(その後、十分に水洗し、乾燥させます)

⑥ ③~⑥を繰り返す(3回程繰り返していきます)

しかし・・・

せっかくキレイにしても原因が分からなければ施術した後も不安ですよね・・・

その主な原因は・・・メラニン色素です!

メラニン色素は紫外線や喫煙、食物の刺激などが原因で皮膚の表皮最下層の基底層にメラノサイト(色素細胞)で生成されます。

お肌と同様、表層だけに存在しているので、メラニン除去・ピーリングにてキレイにする事ができます。

 

例えばこんな方・・・

□ 長年のたばこ(喫煙)で黒ずんでしまった方  □ 紫外線や口呼吸などで黒ずんでしまった方

その他・・・

□ 食物の刺激   □ 遺伝的要因

(注)被せ物のメタルで沈着してしまった歯肉は薬剤での除去はできません。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

多ければ多いほど、その頻度や濃さに影響してきてしまうかもしれません。

そのためにはしっかりメインテナンスや予防でもチェックし、キレイで清潔なお口の中にしていきましょう! 

注意事項

・ガムピーリング後、刺激の強い食べ物(辛い物や塩辛い物など)は、控えて下さい。
・痛みに対する反応は個人差があります。
・やけどをしたようなヒリヒリ感を感じる場合もあります
・ガムピーリング後、2~7日間くらい歯ぐきが白っぽくなります。
*1週間後辺りから白濁は消失し、健康歯ぐきの色調になってきます
・個人差にもよりますが、生活状況によっては、再発する事があります。

Q&A よくあるご質問

Q. 体に害はありませんか

A. 体に害はありません。
しかし、使用する薬剤のフェノール・アルコール類のアレルギーがある方は施術を受けられません。

 

Q. 回数はどのくらいかかりますか

A. 1度の診察にて3回塗布を行うため、基本は1度でキレイになります。しかし、濃く沈着している部位に関しては数回必要な事があります。

 

Q. 妊娠中や子供でもできますか

A. 当医院では妊娠中でも問題ないと言われていますが、確立されたデータがないため、出産後に施術する事をおすすめします。

 

Q. 痛みはありますか

A. 個人により様々ですが、多少ヒリヒリする事があります。