• TOP
  • その他の歯科治療
  • 症例写真 睡眠時無呼吸症候群
  • 新年明けましておめでとうございます。

    歯科医の村上です。

    本年もどうぞ宜しくお願い致します。

     

    さてお正月はゆっくりお休み出来ましたか。

    私はもっぱら寝正月と毎年決まっています(笑)。

    日常生活において一日の睡眠時間の占める割合は約1/3、まさに人生の1/3を寝ていることになります。

    しかしながら残念なことに、わが国の成人では、5人に1人が不眠を訴えて、20人に1人が睡眠薬を服用しているといわれています。

    ところで皆さんは、睡眠時無呼吸症候群という言葉をご存知でしょうか。

    2003年2月に起きた山陽新幹線岡山駅での停車事故をきっかけとして、睡眠時無呼吸症候群は社会的に注目されました。

    睡眠時無呼吸症候群は、88種類ある睡眠障害のひとつで、「通常、大きないびきを伴い肥満者に多く、日中の眠気がある場合には、呼吸が10秒以上停止する無呼吸の状態が、夜間睡眠中に1時間当たり5回以上生じるもの」と定義されています。

    前述の事故をきっかけに歯科では2004年より、睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置が保険導入されました。

    実際には写真のような装置を作り、夜間に使用していただきます。

    3.jpgのサムネール画像

    夜間の歯ぎしりに対する装置をご存知の方も多いと思いますが、歯科ではこういうことにも取組んでいます。

    なお、保険診療の適応を受けるには、医科からの紹介が必要となりますので、かかりつけのお医者さんにご相談なさるか、担当歯科医にご相談下さい。

    では、今年も頑張りましょう!

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:   カテゴリ:その他の歯科治療

    診療メニュー

    治療の目標を共有し、患者さまと共に二人三脚で歩んでいく姿勢が重要だと思います。 患者さまに合わせて治療期間、治療費、治療内容をご説明いたします。
    そして、いくつかの選択肢の中から患者さまに合った治療法が選べるように私たちがお手伝いいたします。

    初めての方へ

    初めての方へ