• TOP
  • カテゴリー: インプラント
  • インプラントと骨造成(GBR)

     

    インプラントを埋入しようとする時、その場所に骨が不足する事があります。

    そのような場合、何らかの方法で骨造成を行います。

    その一つとしてGBRを行った症例をご紹介します。

    インプラント手術の前にコンピューターシミュレーションを行います。

     3D_20110704092906.jpg

     

     

     

     

     

     

     

    赤い部分が骨から露出する部分です。

    シミュレーションに従い、インプラントを埋入します。

    001.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    インプラントが露出しているのがわかります。

    自家骨と特殊な膜を用いてGBRを行います。

    4ヶ月後、膜を除去する直前のX線写真です。

    003_edited-1.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    002.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

    血液が多く分かりにくいですが、インプラントの露出部が骨で覆われています。

    このようにして骨を作ってあげることが出来ます。

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:  カテゴリ:インプラント

    症例写真 上顎洞拳上術(サイナスリスト)

    ys.jpeg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    保存不可能な歯を抜歯しインプラントを埋入しようとしたのですが、顎の骨がなかったため上顎洞という空洞を底上げし、人工骨を填入しました。

    その後、無事インプラントを埋入する事が出来、被せ物まで入れ、しっかり咬む事が出来ています。

     

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:  カテゴリ:インプラント

    症例写真 インプラント即時埋入

    abc.jpeg

     

     

     

     

    この症例は前歯6本の歯根が破折しており抜歯せざるを得ない状況でした。

    抜歯と同時にインプラントを4本埋入し仮歯までいれた状態です。(中央の写真)

    抜歯しても、咬合を失うことなくその日から噛む事が出来ます。また、最終的な被せものに

    近い形態の仮歯を入れ術前より見た目が改善しています。

     

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:  カテゴリ:インプラント

    症例写真 フラップレスインプラントオペ

    fu2.jpeg

     

     

     

     

     

     

     

    インプラント手術で、『フラップレス』という歯肉を剥離せずに患者様への負担を最低限に

    できる方法で行いました。

    出血も腫れも少なく患者様の痛みもほとんどありませんでした。

    下のレントゲン写真で、画面向かって左下に埋入した状態がわかります。

    fu.jpeg

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:  カテゴリ:インプラント

    サイナスリフト

    20100222164811.jpg

    こんにちは
    先日、サイナスリフトのオペを行いました

    サイナスリフトとは、インプラント治療の前準備のひとつです
    インプラントは原則として、骨があるところにチタン製のインプラント体を埋入するのですが
    インプラント治療を患者さんが選択なさっても、残念ながら骨が無い場合があります
    これは、以下のような理由により、骨がないと考えられます
    ?歯周病や歯の根の病気などのにより、インプラントを埋入するための骨が損なわれている場合
    ?元々の解剖学形態により、ほしいところに十分な骨が無い場合
    大きくはこの2つに分けられると思います
    サイナスリフトはこの?の状態の上顎に行う外科主義です

    上顎の臼歯部の根のあたりの骨内に(頬骨の下あたり)
    上顎洞といわれる副鼻腔(サイナス)が存在します
    いわゆる、蓄膿症の時に膿がたまる空洞なのですが
    この空洞のため、インプラントを固定するために必要な骨の幅が得られない事があります
    このような時に、サイナスにアプローチして
    空洞内に骨を入れてリフトアップをして行く方法です
    これにより、インプラントを埋入する為の骨の量を獲得して
    通常はインプラント治療を選択したくても治療を受けれない状態の方に
    安全で予後がいいインプラント治療を提供できるようになります

    すべての方が、インプラントによる治療を選択出来る訳ではありませんが
    インプラントによる治療を、安全に出来る技術は確実に増えてますので
    興味がある方は、担当医にお尋ね下さい

    【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

    日付:  カテゴリ:インプラント

    診療メニュー

    治療の目標を共有し、患者さまと共に二人三脚で歩んでいく姿勢が重要だと思います。 患者さまに合わせて治療期間、治療費、治療内容をご説明いたします。
    そして、いくつかの選択肢の中から患者さまに合った治療法が選べるように私たちがお手伝いいたします。

    初めての方へ

    初めての方へ