Author Archives: opera

症例写真 変色歯

神経をとった歯は、時間の経過とともに歯の色が変わってきます。

写真は右上の真ん中の歯の色を気にされて来院された患者様で、セラミックで治療しました。
前歯はその人の印象を決める大事な歯です。
綺麗に治したいですね。
z.jpg

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:オールセラミック

Q:歯周病にかかりやすさはあるのでしょうか?

A:あります

大きく分けて口の中の状態と全身状態によります。

前者は歯並びや歯周病菌の種類や粘膜の形が影響しますし、

後者は生活習慣(喫煙など)やそれに関する病気(糖尿病など)、

遺伝的影響など、色々な要素が関わって歯周病にかかりやすくなるのです。

また、遺伝子診断、免疫応答・炎症反応の検査により

歯周病にかかりやすい患者さんがいると報告されています。

特に通常は40歳前後に症状があらわれる歯周病が

10歳代後半からあらわれる早期発症型と呼ばれる歯周病がこれにあたります。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病関連

Q:お酒は歯周病に悪いの?

A:お酒そのものが歯周病に悪い訳ではありませんが

多くの場合お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまう、

又は歯磨きを疎かにしてしまう事が多い事から、

歯周病を進行させる原因の一つと言えるかもしれません。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病関連

症例写真 テレスコープデンチャー

newibablog.jpeg 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、テレスコープデンチャーです。

左の写真が治療前、右の写真が治療後の写真です。

 

テレスコープデンチャーとは、残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの部分入れ歯です。

物を噛む能力が高く、クラスプが必要ないので見た目も良いのですが、技術的に難しいという欠点がある為行っている歯科医院は多くありませんが、東京オペラシティ歯科ではその技術を持ったDrが在籍しているので、お気軽にご相談ください。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周補綴

症例写真 歯根端切除

神経をとった歯が、経過不良で根の先端に病巣ができてしまうことがあります。

通常、根の治療をやり直すことが多いのですが、外科的に病巣を取ることで治癒させる場合があります。

歯根端切除という方法ですが、イラストで説明すると次のようになります。

pic.jpg

 

 

 

 

 

 

実際の患者さんのレントゲン写真を示します。

x-ray.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前歯ですのでオールセラミッククラウンを最終的にはかぶせました。

crown.jpg

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯内療法 and tagged

Q:歯周病にタバコは悪いの?

喫煙が悪い理由はいくつかあります。

  1. 喫煙する人は統計的に喫煙しない人よりも歯周病にかかりやすいというデータがあること。
  2. タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状が気づきにくくなること。
  3. 喫煙者は末梢血への影響があるので、歯周病の治り方がわるくなること。

つまり煙草は歯周病になりやすくするばかりでなく、気付き難くし、また治り難くする原因と言えるのです。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病関連

症例写真 歯肉炎

画像は歯肉炎を治療した画像になります。

この患者様は、歯肉炎と前歯の虫歯を治したいという主訴で来院されました。

歯肉炎は細菌感染や全身疾患が原因で発生するといわれています。

ただし、右の写真の術後のように、継続的なプロフェッショナルケアと、ホームケアによるブラッシングで改善されます。

その為、このような状態になる前に定期的なメンテナンスでケアし、健康な歯を維持していきましょう☆

 

※ 術後画像は、歯肉炎改善後、前歯の治療もしています。

 


inoue-ogawa.jpg

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病

Q:他の病気で歯周病になるの?

A:あります。遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、

皮膚の病気、降圧剤を含めた特定の薬によって

歯肉を含めた歯の周囲組織に症状が出ることがあります。

またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって

歯周病が治癒しにくくなるといった事があります。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病関連

Q:全身の病気と歯周病の関係は?

A:歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。 

またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。

そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めています。

歯周病との関連を挙げられているものには

呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、

なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:歯周病関連

レントゲン検査って安全?

歯科医療では硬組織(歯・骨)を見ますので、レントゲン撮影をよく行います

原子力発電の事故から、放射線という言葉をよく耳にするようになりました

歯科で使うレントゲン撮影は安全なのか不安に思っておられる方も多いため

Q&A方式でのせてみました

 

Q:放射能と診断用X線は同じですか?

A:違います。放射能(放射性物資)は、体内に残留しますが、診断用X線は身体に全く残りません。

 

Q:レントゲン撮影を連続して行っても身体に影響はありませんか?

A:診断用X線では、毎日1~2回程度のレントゲン撮影をしても身体に影響を与えることはありません。

 

Q:子供のレントゲン撮影は安全ですか?

A:レントゲン検査は、体に影響を及ぼさない線量の範囲の中で行っています。

お子様の体格に合わせて線量を調節しながら撮影しますのでご安心ください。

 

※医療被曝について

現在の医療においては、診断・診療のために放射線の使用が不可欠です。

これは病気の早期発見や治療にメリットがあるからです。

『放射線』や『被曝』に対し、怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、

医療で行う放射線(X)検査は、体に影響が出ない範囲で行われています。

 

 

【東京オペラシティ歯科】初台の歯医者・歯科|土曜も診療

日付:  カテゴリ:お知らせ, その他の歯科治療関連

診療メニュー

治療の目標を共有し、患者さまと共に二人三脚で歩んでいく姿勢が重要だと思います。 患者さまに合わせて治療期間、治療費、治療内容をご説明いたします。
そして、いくつかの選択肢の中から患者さまに合った治療法が選べるように私たちがお手伝いいたします。

初めての方へ

初めての方へ